2012年06月19日

Fairy Tales Op.110

編成:打楽器三重奏
使用楽器:Marimba(5oct.)(4oct.)、Vibraphone

この曲は妖精を題材に 2009 年頃に作曲をはじめ、2012年6月に完成させたMar.とVib.のための組曲である。

妖精たちが宴会を開いていたとき突然現れた人間に驚き逃げたのだが、1つのガラス杯が残された。そしてある妖精が「この杯を割ったりしたら、『イーデンホールの幸運』 とはおさらばさ!」と言ったことで、人々はそのガラス杯を今でも大切に守っている。という話から作曲した1楽章。

森が湖に出会う岸辺で、踏みならされて草が円を描く場所を見つける。エルフの輪。それはエルフたちが踊った痕跡であり、危険な場所。そこに踏み進むかそこにあるものを取り壊せば、病を得る。そんな話から作曲した2楽章。

『イーデンホールの幸運』の伝説をヒントに、それを日本版に置き換えたらどうなるだろうと考えたら、座敷童(ざしきわらわ・ざしきわらし)が大慌てで駆けずり回っている様子がイメージされた。そこで、三味線音楽・筝曲・祭囃子からヒントを得て作曲したのが3楽章。

ろくに読書をしない不勉強の作者が、純粋に伝説やエピソードに触れて想像・創造した音楽です。妖精さんにも聴いて頂けますように。(2013年3月)

-----

1.イーデンホールの幸運


2.Tisaren湖畔のエルフの輪


3.座敷童が大わらわ


※初演:未定
譜面販売:bluemallet


ラベル:Percussion Ensemble
posted by ぼぶ at 00:00| Comment(0) | デモ音源 | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

Xanadu Banishment -現実へ- Op.109

編成:打楽器四重奏
使用楽器:Marimba(4oct.)

この曲は2011年10月に作曲した『Next Divergence -1%の壁を越えて-』の続きの世界、或いは対になる作品として2012年6月に作曲した楽曲である。同年7月に初演された。

前作は現実から異世界への移動をイメージした作品であったが、今作は楽園という異世界から現実への帰還をイメージした作品である。異世界への移動はマリンバの向こう側へというアクションによって表現を試みたが、現実への帰還はポリリズムとタイムモジュレーションを駆使した時間感覚のたわみによって表現を試みた。楽園を追放され現実に至るまでの道程、そして至った現実にあるものとは・・・。
1台の4oct.マリンバを4人の演奏者で演奏するこの曲は、楽園から現実に追放され戻ってくるイメージで書かれてはいるが、「現実も捨てたもんじゃないんだぜ!」というのが作者の想いである。仲間が4人集まれば、限られた環境でも面白いものは生み出せるはずだ。さぁ、現実へ。

-----

デモ演奏
演奏音源

初演:2012年07月28日(於:Jazz cafe West Village)
演奏:大澤千紘,高橋若菜,正木恵子,渡邉達弘
譜面販売:bluemallet
ラベル:Percussion Ensemble
posted by ぼぶ at 00:00| Comment(0) | 演奏音源+デモ音源 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。