2013年11月03日

虚構再構築 - Figment-Reconstruction for Mallets Quartet- Op.123

編成:2Marimbas & 2Vibraphones
使用楽器:Marimba(5oct.)×2、Vibraphone ×2(モーター不要)

この曲は日本大学芸術学部音楽学科打楽器専攻より委嘱を受けて作曲し、2014年2月26日に学生有志の演奏会で伊藤諭・浜谷安里・牧野昌平・室橋歩美によって初演されました。

クラシック・ジャズ・ポップス・祭囃子など、音楽にはジャンルを問わず演奏者も聴衆もその場にいるすべての人が同じようにリズムや拍を感じることで感動的な一体感を生み出す力があります。一方で、人は木の葉が風に揺れる音や海の波音のような楽音とは異なる自然の音からもリズムや情緒を感じています。そんな自然のリズムを感じるような個人的で豊かで解放感のある聴き方をしてもらえる打楽器音楽が創れないか、という考えからこの曲は生まれました。
この曲では、演奏すると楽譜上に指定されているものとは異なるニセモノのテンポや拍子が生み出される仕掛けを施しました。そのニセモノのリズムで紡がれる「虚構」はレイヤー(層)を成して「構築」され、聴く方によって異なるリズムが感じられるように設計されています。
どうぞあなたらしい聴き方で、あなただけのテンポ、あなただけのリズムに乗ってお楽しみください。「虚構」に包まれた客席が海へ、お客様自身が波へと「再構築」されるはずです。
2014年2月 渡邉 達弘

デモ音源


posted by ぼぶ at 00:00| Comment(0) | デモ音源 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。