2011年07月26日

その発想はなかったw Op.92

編成:打楽器ニ重奏
使用楽器:Vibra Slap (2つ)

この曲は2011年7月に作曲した曲である。ヴィブラスラップは大変優れた楽器であり、どのように扱っても音色に大きな変化は現れない。そんな楽器で二重奏曲を作るのは、楽器の持つ様々な音色を探すことから始まった。
これには大変苦戦を強いられたが、酔っ払っていたある日、無意識に楽器を分解して遊んでいる自分に気がつき、酔いも醒め、「この発想はなかったわw」と思いながら一気に書き上げたのがこの問題作である。

楽譜上に角度が示されているのは、楽器の振動部分を打撃方向に対する傾斜である。角度がつくとノイズだけになり、楽器らしくない音が生じる。それがミソだ。声はロックバンド「ZAZEN BOYS」の楽曲「Honnoji」にインスピレーションを得た。熱く「その発想はなかった」と叫んで欲しい。奏法や演奏については YouTube に演奏動画があるので、どうぞそちらも参考に。

-----


初演:2011年09月11日(於:門仲天井ホール)
演奏:渡邉達弘+服部恵
譜面販売:bluemallet JPC




posted by ぼぶ at 00:00| Comment(0) | 演奏音源 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。