2007年04月15日

空想で描く24のクレヨン画 Op.49

編成:マリンバニ重奏
使用楽器:Marimba(4oct.)1台

この曲は、2006 年から翌年にかけて作曲された 4oct.マリンバ 1 台で演奏可能なマリンバ・デュオ集である。曲は全 24 曲から成り、それぞれ 12 の長調・短調で構成されている。しかしながらこの調性は、厳密には転調したり民族的音階などを使用しているので、目安に過ぎないと考えていただきたい。
通常、マリンバアンサンブルといえば低音から高音まで幅広い音域を使用して重厚なサウンドを響かせるような曲が多いが、音楽大学や打楽器奏者等でないとなかなかマリンバを2台以上、或いは 5oct.マリンバを準備することが困難であることを昔から気にかけていた。大きな楽器・沢山の楽器がなくてもアンサンブルする楽しみを味わえる曲はないものか、と考えて4oct.マリンバ(c-c)で演奏できるマリンバ・デュオ集を!と思い書き進めてきた。
曲は全部で 24 あるが、演奏する際にその全てを演奏する必要は無い。状況や好みに応じて曲をチョイスし、好きな順番で構成していただきたい。できればその構成によって物語が生まれ、楽曲が紙芝居のように展開していって欲しいとっている。
もちろん 1 曲だけ演奏するも良い。昨今ではライブハウスで演奏されたり、ギターなどの楽器とのセッションも試みられている。
大切なのは 1 曲が 1 枚のクレヨン画になっているイメージ。そこはどこで、どんな風景なのか。そして、登場人物はどんな気持ちなのか。時に激しく、時にやさしく・・・。
強弱やアーティキュレーションなども、譜面上はあえて記載していない。途中に即興を加えたり、カホンなどのリズム打楽器を入れるのも良い。
結局のところ、どんな絵画が完成するかは奏者次第なのだ。

-----

C:ルシフェルの降り立つ丘
演奏:渡邉達弘(多重録音)

c:旅に出る王子のダンス
演奏:きなこフォカッチャ(菅原麻衣・金成葉子・富山恵理子・渡邉達弘)

Des:三日月森の子守唄
演奏:かほく市吹奏楽団×金沢大学打楽器アンサンブル

cis:ダイヤの似合うオアシスの踊り子
デモ音源

D:海辺にそよぐ椰子の木のダンス
演奏:打楽器アンサンブル「どってん博物館」(高橋若菜・正木恵子・渡邉達弘)

d:らくだの砂漠をかける風
デモ音源

Es:真白な帆を張る南風のダンス
演奏:きなこフォカッチャ(菅原麻衣・金成葉子・富山恵理子・渡邉達弘)

dis:赤のポルシェが駆ける街
演奏:かほく市吹奏楽団×金沢大学打楽器アンサンブル

E:山と空とパチャマンカの想い出
演奏:正木恵子+渡邉達弘

e:荷馬車で通った見知らぬ街
デモ音源

F:帰国を決めた王子のダンス
演奏:かほく市吹奏楽団×金沢大学打楽器アンサンブル

f:山裾なでる朝霧の唄
演奏:かほく市吹奏楽団×金沢大学打楽器アンサンブル

Ges:魔法の国の校庭ブランコ
デモ音源

fis:草原を走る月夜の白馬
演奏:打楽器アンサンブル「どってん博物館」(高橋若菜・正木恵子・渡邉達弘)

G:雲に浮かんだ風の王国
演奏:行川さをりとヨミンチャラ(行川さをり・チャーリー高橋・正木恵子・渡邉達弘)

g:墜落UFOの宇宙人のダンス
演奏:正木恵子+渡邉達弘

As:眠らぬ街のカジノのネオン
デモ音源

gis:月夜に香る夜桜の影
デモ音源

A:清らな森の泉の香
演奏:きなこフォカッチャ(菅原麻衣・金成葉子・富山恵理子・渡邉達弘)

a:廃墟の白の大きな時計
演奏:かほく市吹奏楽団×金沢大学打楽器アンサンブル

B:祖父にもらったオルゴール
演奏:かほく市吹奏楽団×金沢大学打楽器アンサンブル

b:雪降る夜の工場地帯
演奏:正木恵子+渡邉達弘

H:お城の花壇の蝶と空
デモ音源

h:雨の季節が終わるとき
(オリジナル版)演奏:正木恵子+渡邉達弘
(Piano+Marimba番)演奏:即興からめーる団(赤羽美希+正木恵子)
(アンサンブル版)演奏:打楽器アンサンブル「どってん博物館」(高橋若菜・正木恵子・渡邉達弘)




譜面販売:bluemallet JPC


ラベル:Percussion Ensemble
posted by ぼぶ at 12:00| Comment(0) | 演奏音源 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。