2010年12月31日

Central Dogma -O157:H7- for Piano Op.60

編成:ピアノソロ
使用楽器:Piano

大学院生時代に課題で作曲した楽曲。
腸管出血性大腸菌0157のDNA情報を友人から手に入れ、その塩基配列から楽曲を構成している。

1楽章は右手と左手に二重螺旋構造の塩基情報を当てはめ、予め別に決めていたルールで音とリズムを確定。
そこからピアノで演奏できるように調整を行ったものである。

2楽章は二重螺旋をほどき、遺伝情報として意味をもつmRNAの情報に基づいて構成されている。
1音が1情報となるように曲の骨子を作成し、

3楽章はmRNA情報から解読されるアミノ酸の楽曲。
20種類のアミノ酸に関する音程と拍子を予め定めておき、そのルールの範疇で作者が作った楽曲である。
楽曲の最後は終止コドン(DNA情報の終止線のようなもの)に伴い、ピアノの蓋を閉じて終曲する。

-----

1.DNA


2.mRNA


3.AMINO


初演:2008年11月07日(於:日本大学音楽学部小ホール)
演奏:阿部侑光子(Pf)


ラベル:Piano Solo
posted by ぼぶ at 00:00| Comment(0) | デモ音源 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。