2011年06月10日

Hang in There Op.86

編成:ハンドベルニ重奏
使用楽器:ハンドベル7つ

 この曲は2011 年に作曲したハングドラムのための楽曲をハンドベル用に改訂したものであり、ハングドラム版は正木恵子と渡邉達弘によって、ハンドベル版は服部恵と渡邉達弘によって同年初演された。ハンドベルは卓上において演奏するタイプの楽器を想定しており、各プレイヤーに3つのハンドベルを用意し、さらに1つは共有する。無作為に選ぶことを許容しているが、初演のハングドラムで演奏した際に無作為に選んだ音を参考までに示している。記譜は音を指定しておらず、楽器の位置(手順)を指定しているに過ぎない。なので、どのようなサウンドになるのかは、無作為に選ばれている以上作曲者にも分からないのである。YouTubeに演奏動画があるので参考になればご覧頂きたい。
 この曲は東日本大震災の後に作曲した楽曲で、曲名は辛い状況のときにこそ使用する「頑張れ」という意味の英語。シンプルな「頑張れ」という意味よりも深く、今の状況に相応しいと想い、またハングドラムを使用する前提があったのでこの名をつけた。
どのような未来が訪れるのか、不安は大きいが、軽い気持ちで「頑張れ」と声をかけられるような、かけ合えるような未来が訪れることを願って止まない。


初演(ハング版):2011年06月10日(於:コズミックソウル)
演奏:正木恵子・渡邉達弘


初演(ハンドベル版):2011年9月11日(於:門仲天井ホール)
演奏:服部恵・渡邉達弘

※ハンドベル版の演奏音源および動画は、2011年に開催された「小さな音の小さな音楽会」のものです。
譜面販売:JPC




posted by ぼぶ at 00:00| Comment(0) | 演奏音源 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。