2011年08月06日

凛厘鈴 -4つのりんとiPhoneのための- Op.94

編成:打楽器ニ重奏
使用楽器:りん 4つ(調達が難しい場合、調理用ボールも可)、iPhone(録音・その場での再生が可能な機器)

ストップウォッチを用いる音楽を聴く機会があった。作曲者によって色々な音楽が立ち上がっていたのだけれど、一部の曲を除いてストップウォッチを使用するメリット・必然性が感じられなかった。
しかし時間の彫刻として可能性のある方法だと感じていて、どういう方法で自分ならやるだろうかと考えて作曲したのがこの曲である。
時間を測る必然性が産まれる状況を生み出すために、録音したものとすぐにアンサンブルをするという方法を考えついた。2人の演奏者による四重奏ということもできるだろう。
凛とした音で、コンマ秒(厘)を読んでリン(鈴)を奏でるこの曲。
どうやら初演していた頃に祖父がこの世を去ったらしいことが後日判明した。
こんな曲であるが、祖父が喜んでくれたらと思っている。





初演:2011年09月25日(於:WINDS CAFE「小さな音の小さな音楽会」)
演奏:正木恵子+渡邉達弘


posted by ぼぶ at 00:00| Comment(0) | 演奏音源 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。