2011年08月13日

エニルオ医学試験 -逆行のTambourine- Op.95

編成:タンバリンニ重奏
使用楽器:2 Tamborins

 この曲は 2011 年 8 月に作曲したタンバリン二重奏である。
同年 9 月に開催された「もんてん小学校楽器大行進」にて服部恵・渡邉達弘により初演され、さらに 9 月 25 日の WINDS CAFE 177「小さな音の小さな音楽会-渡邉達弘・小物楽器作品集-」で再演された。
奏者はそれぞれに 1 つのタンバリンを使用して演奏する。記譜や演奏法については 譜面に詳細に書かれているほか、YouTube で演奏動画を見ることもできる。
曲は断片的なテーマを逆行、反行、さらに楽器自体の反転など、「ひっくり返る」ことがテーマになっている。楽譜的にも線対称や点対称の音符を見つけることができると思う。
タイトルもその構造を利用し、“TAMBOURINE”というアルファベットを後ろからローマ字読みして「エニルオ」とし、残りの変換困難な”BMAT”は”The BioMedical Admissions Test”という意味があることを突き止め、その日本語訳である「医学試験」としたものである。
 コインなどであれば“裏の裏は表“となるであろうが、一般的にはやっぱり裏の裏は“ウラウラ”だと思う。タンバリンの裏の裏を裏返していくと、その音色の多さに驚かされる。裏は裏に甘んじず、表舞台に立つべきだ。





初演:2011年09月11日(於:門仲天井ホール)
演奏:服部恵+渡邉達弘
譜面販売:bluemallet


posted by ぼぶ at 00:00| Comment(0) | 演奏音源 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。