2011年06月21日

マイナス・ワン Op.87

編成:鍵盤ハーモニカ二重奏
使用楽器:2 Melodions

 音楽の3大要素「メロディー(M)」「リズム(R)」「ハーモニー(H)」。この3要素をそれぞれ1つ欠く3つの楽章で構成される組曲がこの曲「マイナス・ワン」である。各楽章にはヘンテコな名称が付けられているが、これらは3大要素をアルファベット化し、それぞれの楽章で使用する2つの要素を示すため記号化したものを強引に読んだものである。

1.HR-ホーム・ルーム-
 奏者が任意で指定する3つの3和音を使用して演奏する楽章。単旋律は存在しないが、和音そのものを旋律らしく使用したり、リズムの掛け合いと和音の重なりを味わうことの出来る楽章である。

2.MH-メンタル・ヘルス-
 奏者が任意でテンポ感と拍の長さを調整できる楽章。譜面上には目安として音符(音の長さ)も記譜されているが、演奏者の息づかいを大切にして演奏して欲しい楽章である。

3.MR-ミッドシップ・リアドライブ-
 奏者が単旋律で演奏する楽章。特にこの楽章では“カノン”をイメージして作曲している。そしてカノンはミニマルへと昇華してしていく。




初演:2011年09月25日(於:WINDS CAFE「小さな音の小さな音楽会」)
演奏:正木恵子+渡邉達弘


posted by ぼぶ at 00:00| Comment(0) | 演奏音源 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。