2011年08月20日

カベトリオ -手と壁のための音楽- Op.97

編成:壁 三重奏
使用楽器:大きな壁 手

この曲は2011年8月に作曲した三重奏である。同年9月に開催された WINDS CAFE 177「小さな音の小さな音楽会 -渡邉達弘・小物楽器作品集-」に於いて服部恵・正木恵子・渡邉達弘によって初演された。会場“TORIA GALLERY”に初めて訪れた際、ギャラリーとしては当然のことなのかも知れないが、その壁の白さに魅了された。そしてこの壁を使って音楽をしたいと思っていて、自分の演奏家を開催する機会に恵まれて今回作曲したのがこの曲である。演奏者は壁に楽譜を張り付け、お客さんに背を向ける形で演奏する。記譜の解説はスコアの最終ページに、演奏指示は楽譜に記載されているが、分からない場合は YouTube に初演時の演奏動画があるのでそちらを参考にしていただきたい。鍵盤ハーモニカのモスキートーンは、最高音の鍵盤を本当に少しだけ押して強く息を吹き込むと得られる超音波のような音である。お菓子を勧めたり蚊を叩くシーンは、4小節で 記譜されているが時間的にはその場で必要と思われる時間を要して構わない。
 先日、初演動画のリンクサイトに「ついに打楽器を持たなくなった。壁三重奏」とコメントをして下さった方がいてほくそ笑んでしまった。音楽に楽器は必要だけれど、必ずしもそれがないと成り立たない訳ではない。それよりも、なんでも音にして楽しむ・面白がることが音楽の根源の一つだと思うし、それを探求できることが打楽器奏者の特権だとも思っている。




初演:2011年09月25日(於:WINDS CAFE「小さな音の小さな音楽会」)
演奏:服部恵+正木恵子+渡邉達弘
譜面販売:bluemallet


ラベル:Percussion Ensemble
posted by ぼぶ at 00:00| Comment(0) | 演奏音源 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。